ホームページ作りにセンスは必要?

センスという言葉は、一般的に美的センスがあるかないか!といった場合によく使われる言葉でもあります。「おしゃれな洋服を着ているね」と言って美的センスのある洋服を着ている方に対して、ほめたたえる意味で呼ぶことがあります。

日本図書館協会

それと同じようにホームページについても、きれいなデザインのホームページとブログとなんら変わらない程度の文字が綴られてる程度のホームページとでは、やはり美的デザインのセンスが作成者にあるのかどうかという問題にもなると思います。仮に同じ色を使った文字で綴ったとしても、強調したい文字や文章に対しては、他の文字よりも大きめに綴ったり、太文字で綴るだけでも随分と違うのではないでしょうか。そこに赤や黄色といった文字が加わると受ける印象もきっと違うことでしょうね。

仙台 ホームページ制作

私が幼少の頃には、テレビも白黒でしたが、その数年後にはカラーテレビが登場しました。やはりカラーテレビともなると、色鮮やかで心が満たされるような心境になりました。もちろん今日のホームページにおいては、色使いだけでなく動画を取り入れたり、アニメーション効果を醸し出すような躍動感のあるホームページなどもあります。そうしたホームページの場合には、作成した方の美的センスの良さを垣間見ることが出来ます。少なくとも私には、そのように感じます。

ScanSnap ドライバ & ダウンロード(ScanSnap Manager アップデート) : 富士通

ただし、近年ではホームページは商売に用いられていることも多いので、ホームページに掲載されている商品が売れるかどうか、あるいは情報サイトならば閲覧者が多いかどうか、といった内容を問われることもありますので、センス云々だけでは評価しきれない面があることも確かです。