60歳の父がプロテインを飲み始めた

私の父は60歳ですが、驚いたことに、この歳でプロテインを飲み始めました。飲み続けられるか様子を見たり、効果の程を確認してから次の物を買えばいいのに、多く買った方が割安だと言って、飲み終えるのに3年はかかるのではないかと思うほどのプロテインを通信販売で購入しました。

糖質

私は父に「何でプロテインなんか飲むことにしたの?」と訊ねました。すると父は、「もう5年もジョギングをしているのに、一向に体重が減らない。長生きするためにも、健康体でならなければならない。まずはこのお腹をスッキリさせたい。だから、効率よく筋肉をつけたいんだ。父さんだって、まだまだ進化するぞ」と言うのです。

組織・メンバー>メンバー紹介:群馬大学・秋田大学連携グローバルCOEプログラム 生体調節シグナルの統合的研究

体重が減らないのは、食べる量やジョギングの仕方にも問題があるからなのではないかと思いましたが、5年もがんばって続けてきた父に、その5年を否定するようなことは言えませんでした。とにかく筋肉を付けたいということだったので、「出来る範囲で筋トレもやった方がいいよ。無理しない程度にね」とアドバイスしました。父は俄然やる気が出てきて、ジョギングをして脂肪を燃焼し、筋トレをしてプロテインを飲む、この一連の流れを毎日やり始めました。

プロテイン 選び方

暴飲暴食さえしなければ、父の健康はかなりいい具合に継続できるような気がします。筋肉が付けば基礎代謝も上がるでしょう。健康のために貪欲に努力をする父は本当に偉いなと思います。

父ががんばっている姿を見て、それに触発されてしまい、私も週末には父と一緒にジョギングをするようになりました。朝のジョギングはこんなにも清々しいものかと初めて知りました。なるべく続けて、健康的に3kgくらい痩せられたらいいなと思っています。