母親がネット検索にはまって家事をしなくなっちゃった

さすがにこれはゆゆしき問題ですね。いえ、決して冗談ごとなどではなくてです。インターネットの中毒性は、以前から専門家らが警鐘を鳴らしていますし、母親がネットに夢中になっている間に、子どもがベランダから落ちたとか、お風呂で溺れてしまったという痛ましい事件が実際に発生しているのです。確かにネット検索は楽しいものですし、やり始めるとつい夢中になって時間が過ぎてしまうものです。母親はネットをするななどというつもりはありません。しかし、やはりインターネットを楽しむ権利のある人は、きちんと「為すべきことを為す」人だと思います。

seo 仙台

人それぞれ、日常生活上ですべき役割を持っています。それらは、自分のことだけでなく、家族や他の人たちと関連していることも多いでしょう。それらをきちんと終えてから、自分の趣味であるネット検索などを楽しむべきでしょう。

リンク・著作権・免責事項 - 国土交通省

もし、あなたがお子さんの立場ならば、親にはっきり苦言を呈してよいと思います。それでも態度が変わらないのならば、公的機関に相談することも考える必要があるかもしれません。また、あなた自身が、ある程度、自分のことを自分でできる年齢であるなら、最低限のことは自分のためにしましょう。ネットにはまって家事をしない親のために食事を作る必要はありません。自分の食事と学校へもっていくお弁当くらいは作ってもよいかもしれませんね。

UNITY - アップデート情報

もっともこれまで話してきたのは、かなり極端な例であって、普通は一大事になる前に、父親や身近な人たちの苦言によって改善されるものだと思います。